学生仲間学生であってもさまざまな場面でお金が必要となることはあります。そんなときには融資をしたいという方は多いでしょう。お金を借りることができれば、急場をしのぐことができるという場面はたくさんあるのです。ちょっとしたお金が足りないときに、それを家族や友達に借りるのは気が引けてしまうという方は多いです。それならば、お金を融資してくれるサービスを利用しようという方はたくさんいるでしょう。

このような学生への融資というのは果たして業者は対応してくれるのか不安に考えている方がいるかもしれません。学生というのは基本的にお金を持っていないケースが多いです。収入もない場合が多く、あったとしてもかなり限られた収入となってしまうでしょう。このような学生という身分であっても融資をしてくれるサービスはあるのでしょうか。こちらは学生が融資をしてもらうことについて説明しましょう。

融資をしてもらうための条件

実は学生に対してお金を融資するという業者はたくさん存在しています。そのため、学生であっても、お金を借りることを諦める必要はないのです。ただし、学生への融資についてはさまざまな条件を満たしている必要があるため、注意しましょう。それは法律によって決められていることであり、それはきちんと守らなければいけないのです。

まず、20歳以上である必要があります。基本的に未成年がお金を借りることはできないのです。また、安定した収入があり、返済能力があることも必要となります。そもそも収入がない人にお金を貸すメリットが業者にはありません。そのため、安定した収入があることは大切なのです。ただし、安定した収入というのはけっして高収入である必要はありません。毎月一定の収入があれば、それで条件を満たしています。また、学生証を提示できることもポイントとなります。学生限定のローンサービスが存在しているのですが、そちらを利用したいならば、自分が学生であることを示さなければいけません。

また、すでに他社からお金を借りているという方がいるかもしれません。この場合は、借入額が一定額以下である必要があります。これはその人の返済能力を超えるようなお金を貸すことはないからです。以上の条件を満たしているならば、業者から融資をしてもらうことが学生であっても可能でしょう。ただし、審査基準は業者ごとに異なるため、実際に申し込みをしてみなければ分からない場合が多いでしょう。

学生ローン

契約学生にお金を貸してくれるサービスとして有名なものに学生ローンがあります。こちらは金融機関が学生のための特別な融資サービスを用意しているのです。こちらは学生のみが利用できる融資となっており、基本的に少額融資となっています。低金利のローンを用意していることもあります。たとえば学費を目的としてお金を借りたいならば、金利を低くしてくれるようなサービスがあるため調べてみましょう。

卒業後であっても返済を続けることができるのが特徴となっています。また、学生に対する配慮をしているサービスも多いです。そのため、学生にとっては比較的安心して借りることができるお金といえるでしょう。インターネットで申し込みをすることができるサービスもあるため、誰にも知られずにこっそりと融資をしてもらうことが可能です。

消費者金融

消費者金融といえば基本的に少額の融資をしてくれて、審査が甘いというイメージがあります。消費者金融は学生であっても利用することは可能です。20歳以上であり、安定した収入があるならば、審査にも通る可能性は高いでしょう。そのため、学生ローンではなくて、消費者金融を利用してお金を借りるという選択肢も存在しているのです。もちろん、審査に落ちてしまうと利用できないため注意しましょう。

消費者金融の場合はそれぞれの年収にあわせて利用限度額が定められていることが多いです。そのため、10万円や20万円程度のお金であれば、普通にアルバイトを毎月しているならば借りられる可能性は高いでしょう。ただし、これ以上高額のお金に関しては学生の場合は厳しいケースが多いです。

消費者金融であれば、たとえば金利が0となる期間が設定されていることがあります。早めに返済をすることによって、無利息でお金を借りられるようなキャンペーンをやっていることがあります。もしすぐに返済することができるならば、このようなキャンペーンを積極的に利用してみると良いでしょう。

計画的に利用するべき

計画学生であっても社会人であっても同じことですが、お金を借りたならばしっかりと返済しなければいけません。特に学生の場合は身分としてアルバイトでお金を稼いでいることが多いため、どうしても収入は社会人よりも不安定です。そのため、計画的にお金を借りるようにしましょう。将来的にどのくらいのお金を稼ぐことができるのかをきちんと計算しておいて、返済のめどがたってからお金を借りるべきなのです。

もし学生という身分でお金を返済することが困難になってしまうと、家族に頼らなければいけないかもしれません。親に内緒でお金を借りている学生が多いため、これはとてもまずいことでしょう。きちんと返済できるという確証を持ってからお金を借りるべきです。

まとめ

学生が融資をするための方法はいろいろとあります。条件としては20歳以上であり、安定した収入があるならば借りられることが多いでしょう。学生に融資するサービスの代表的なものは学生ローンでしょう。こちらならば多くの学生が利用しています。学生の利用に配慮したサービスとなっており、細かな融通が利くため、安心して利用することができるでしょう。あるいは消費者金融を利用するという方法もあります。こちらの場合は借りられる金額は少なくなってしまうのですが、キャンペーンを開催しているところが多いため、お得に利用できる機会が多いでしょう。

このようにいろいろな方法で学生が融資を利用することは可能です。どのような方法でお金を借りるにしても計画的に利用することが大切です。学生という身分だとお金を返すのに苦労してしまう場合が多いです。きちんと計画を立てて、確実に返済できるという状況でのみお金を借りるべきでしょう。それ以外の場合では学生が融資をしてもらうのはあまりおすすめできます。